ひとくち食べれば 心も踊る 三原の味です 名物です ・・・

商品イメージ
 時は戦国時代、永禄10年(1567年)小早川隆景公が、瀬戸内に開けた備後三原城を築城された時、落成を祝って人々が 老若男女を問わず、三味線、太鼓、笛を打ち鳴らし、「ヤッサ、ヤッサ」の掛け声で踊ったのが、始まりと伝えられる「やっさ踊り」。
 この踊りにちなんだ三原の銘菓が、ヤッサ饅頭です。
 浴衣の片肌を脱いで踊る人々の姿を、お饅頭の薄皮から覗く艶やかなつぶあんに見立てた、粋なヤッサ饅頭は、「やっさ踊り」と共に今も昔も変わることなく愛され続ける、 三原の代表銘菓です。

 

 

商品のお問い合せ・ご注文はこちらへ・・・


商品イメージ